整形でエラをなくすには 基礎知識を知りましょう

整形でエラをなくすにはどのような治療があるのか、基礎知識を知ることは学びとして必要です。顔の大きく見える原因は、骨が張り出しすぎているためなのか、筋肉が過剰に発達をしているのか、この点を見極めることで、必要な美容治療も見えてきます。フェイスラインは顔の大きさを左右しますので、自己判断で決めつけることなく、ドクターの診察を受けてから、必要な治療を受けることで、顔の大きな悩みは解消へと向かいやすくなります。大きな顔の原因は、骨か筋肉化によっても、治療内容は全く違うので、リスクの違いや費用面も大きな差が出てきます。手術になればそれだけ、ダウンタイムも長いですし、費用面も高額になります。ただ手術で対処をする方法は、確実な見た目の変化にもなる手段です。

輪郭の問題が筋肉の過剰な発達の場合

フェイスラインが四角い悩みの原因が、筋肉の異常な発達のせいであった場合、メスを使う手術の必要はないです。問題は横にワイドに張り出しすぎた筋肉がトラブルを招いているので、筋肉の力を収縮させればよいことになります。そのためにできるのは、プチ整形といわれる、エラボトックスの注入による治療です。ボトックスは筋肉への効果があるので、張り出しすぎた筋肉は、次第に引き締っていきます。注入をして数日間は、顔に軽い筋肉痛を感じたり、口を大きく開きにくくなることがあります。ボトックスの成分を入れると起こりやすいことですが、そのうちに症状は消えて、フェイスラインもスッキリと解消をします。ボトックス注入は半永久的ではなく、数か月間の効果の持続ですから、その後は再度の注入が必要です。

骨が横に張り出しすぎているケース

顔の状態がワイドに見えるのが、骨が横に張り出しすぎたのであれば、エラ削りの美容整形手術で、問題解決の手術ができます。骨を削る手術は口の中から切開をして、広がりすぎた骨を削る、全身麻酔と入院が必要な手術になります。全身麻酔ですから手術中は痛みも感じないですが、麻酔が切れてから数ヵ月は痛みが残りますし、腫れや違和感などもかなり長く続きます。手術後は数日の入院をした後、自宅での安静な生活を送りますが、顔は腫れるので当分は引きこもりの生活です。処方された痛み止めや抗生物質など、医薬品は必ず服用をして、あとは時間の経過に身を任せることになります。ダウンタイムは簡単ではないですが、骨を削るので確実に顔は小さくなります。モデルのような小顔となったら、その効果は半永久的です。