エラの整形をしたいあなたに読んで欲しい基礎知識

エラが張っている顔であることは、意志が強そうに見えたり男性らしく見えてしまうこともあり、女性らしさのためにも何とかしたいと考えている女性もいるものです。しかし、外科手術をすることには抵抗があるという女性もいるでしょう。美容整形クリニックで行われている小顔のための治療には、さまざまな種類があります。大掛かりな外科手術をしなくても、他の人にも気が付かれないような自然な仕上がりの手軽な方法もあります。また、骨が原因ではないという人もいるため、医師の診察によっても判断が違ってきます。理想の顔に近づくためにも、カウンセリングで相談することから始めてみるといいでしょう。症状に合わせたベストな方法のアドバイスをもらうことができ、その治療方法を聞いてからでも判断は遅くありません。

手術で骨を削って悩みを解決する方法

顔が大きく見えてしまう原因として、エラの部分の骨がもともと出ているという骨格上の問題であることがあります。この場合には、外科手術をして骨を削ってしまえば、また生えてくることもないので半永久的な効果を一気に手にすることができます。全身麻酔で行われるので手術中に辛い思いをすることもありませんが、数日は入院をする必要が出てしまいます。術後には腫れや痛みなどのダウンタイムが一ヶ月ほど続くこともありますが、その症状が落ちつけばもう悩みを抱えることは完全になくなります。美容整形の技術は研究を重ねて進歩をしており、近年では体へのダメージも少なく高い効果が得られる方法が開発されてきました。顔には一切傷つけずに口の中からメスを入れることになるので、傷口が目立つこともありません。

脂肪や筋肉が原因となっていることもあり

エラ張り気味な顔の原因は、骨格上の問題だけではありません。脂肪が原因ということもあり、この場合には脂肪溶解注射を打つだけですっきりとした小顔にすることができます。非常に細い注射針が使用されているので、痛みも少なく注射針の針孔もほとんど目立つことがありません。また、筋肉が原因となっている人も意外と多いものです。歯ぎしりをする習慣がある人であれば、エラの部分の筋肉が異常に発達をしてしまいがちであり、それによって顔が大きく見えてしまうことがあります。また、ストレスを感じて生活をしている人の中には、昼間から歯を強く噛みしめてしまうこともあります。ボトックス注射は、プチ整形と言われるように注射をするという手軽な方法で筋肉を小さくすることができ、小顔に一歩近づけることができます。