エラの整形 知っておきたい基礎知識

顔が大きく見えるお悩みを抱えている場合、エラの整形手術が有効的な場合があります。整形手術を受ける場合には、何が原因で顔が大きく見えているのかを見極め、適切な施術を受けることが大切なポイントです。施術を行うためにクリニックや美容整形外科などを受診する際には、事前のカウンセリングが丁寧なところを選び、高い技術を持った医師がいるところで行うことをおすすめします。症例数が多く、経験豊富なクリニックを選ぶことで、失敗のリスクを軽減することができ、美しい状態へ導く期待がもてます。手術にはダウンタイムが必要なため、あらかじめ一定期間休みをとって手術にのぞむなど、計画をもって行うことが大切です。費用が安いなどの理由のみで手術を行う場所を選ぶことはやめましょう。

輪郭の骨へのアプローチは外科的な手術で解決する期待がもてます

エラの手術を行う場合、骨を削ることが必要となるのが一般的です。顔の大きさを決めるのは輪郭となっているため、脂肪吸引などでふくらみを除去しても、顔の大きさ自体が変わらないと判断された場合には、外科的な手術を行います。主に横幅を削る手術となり、骨が出過ぎている部分をカットします。口の中から行う手術が一般的なため、傷跡は目に見えて残らずに施術を受けることができますが、数日の入院の後、ダウンタイム時には自宅で安静に過ごすことが必要となります。外科的な手術は麻酔を使用して行うため、別途麻酔料金がかかる場合がありますので、あらかじめ施術全てにかかる費用を聞いておくことをおすすめします。また、手術は合併症などのリスクがありますので、了承した上で受けるようにしましょう。

筋肉の問題で顔が大きい場合の対処法

顔の筋肉の発達によってエラがでているように見える場合には、手術を行わずに改善が期待できる場合があります。張りすぎた筋肉へ効果的にはたらきかける注射を使用して行う治療が有効的となる場合には、メスを使わずに短時間で施術を行うことができます。施術後はダウンタイムもなく、メイクをして帰宅することも可能です。日常生活にすぐに戻ることができる特徴があります。施術時間は、クリニックによって差がありますが、10分ほどで終了する場合もあります。手術を行わずに改善ができる場合には、リスクも少なくてすむため、自分にあった方法を的確に見つけてくれる医師に相談することがポイントです。ホームベース型の四角い顔や、張り出したエラを整えたい方、半永久的に効果を持続させたい方は、是非一度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。